日本新聞博物館 地域の編集 ローカルメディアのコミュニケーションデザイン 10.5 sat – 12.22 sun日本新聞博物館 地域の編集 ローカルメディアのコミュニケーションデザイン 10.5 sat – 12.22 sun

ワークショップ参加者募集中! 10/25〆

ABOUT

このデジタル時代に、各地で洗練された紙メディア(ローカルメディア)をつくり、⼈と地域のつながりを⽣み出している⼈たちが増えています。新聞社の活動にも、まちづくりに乗り出したり、地域の住⺠とともに防災プロジェクトに取り組んだりと、新しい展開がみられます。この秋、そんなローカルメディアや各地の新聞を、横浜にあるニュースパーク(⽇本新聞博物館)で⼀挙公開します。

手に取って、座って、じっくり読める。

各地で企業や自治体、個人が発行するローカルメディアの魅力は、洗練されたデザインだけではありません。地域の人と人をつないだり、観光客や移住者など、外から人を呼び込む様々な “工夫”がたくさん仕掛けられています。例えば、「流通」の仕方を工夫する。
あるいは、会員制(サブスクリプション)を導入してマネタイズする。または、読者からの投書・投稿をコンテンツの主軸にしてしまう。そんな、これまでのメディアのあり方から飛び出したような様々な工夫が施されているのが、ローカルメディアの面白さです。

一方で、新聞も、地域の課題解決に加わったり、投稿を通じて読者とつながったりするなど、新しい取り組みが生まれています。戸別配達を通じてまちを見守るなど、新聞販売所の活動も進んでいます。

本展では、そんなローカルメディアが織りなす、読者との新しい“コミュニケーションの仕掛け”にフォーカスを当て、テーマごと7つのエリアと横浜にちなんだ特設エリアを設けます。全国でユニークな取り組みをしている新聞も紹介します。
会場では、実際にローカルメディアを手にとって、ゆっくり読んでいただくことができます。

7つのエリア

  • 1 新しい視点の流通

    そこに行かないと買えない本を作る。「本と温泉」をはじめとした、これまでにない流通の仕組みでまちの魅力を引き出しているローカルメディアを紹介します。

  • 2 サブスクリプション(会員制)

    「会員制」により、生産者と消費者のコミュニティーが組織され、一次産業の振興に役立った「食べる通信」。発想を転換し、持続可能なサイクルを生み出しているローカルメディアを紹介します。

  • 3 投書・投稿でつながる

    書く人と読む人がつながり、さらに書く人を介して読む人同士がつながる。双方向の機能を生かしたローカルメディアや話題になった新聞の投書・投稿事例などを紹介します。

  • 4 まちづくりするメディア

    自らまちづくり会社を立ち上げた福井新聞をはじめ、ローカルメディアや新聞社が当事者としてまちおこし、まちづくりに関わった事例を紹介します。

  • 5 地域の課題解決

    防災、超高齢社会、多文化共生…地域が抱える様々な課題を掘り下げて取材し、課題解決の方法を模索する。そんなローカルメディアや新聞の地道な取り組みを紹介します。

  • 6 アーカイブ性を生かす

    日々の取材が地域の記録につながる。「谷根千」をはじめとするローカルメディアや新聞は、長年、丹念に地域の情報を伝えてきました。メディアの「アーカイブ性」を紹介します。

  • 7 デザイン

    デザインに工夫を凝らした、様々なローカルメディアを紹介します。

その他、横浜ならではのローカルメディアも特設コーナーで紹介します。

WORKSHOP

企画展だけじゃない!
ローカルメディアをつくるワークショップ

この企画展は、普通の企画展とちょっと違います。
企画展の開催期間に合わせて、公募で集められた参加者が3チームに分かれ、
横浜ならではのローカルメディアを構想するワークショップ
「YOKOHAMA MEME byニュースパーク」を開催します。
ワークショップの進行に合わせて、展示が少しずつ変わります。
あわせて、参加者は期間中、新聞博物館の常設展、企画展を2回目以降、
何度でも無料で観覧することができます。
ローカルメディアの最前線を学び、その背後にある新聞や印刷物の
「編集」の醍醐味を味わって、さらに自分たちで「つくってみる」。
「学ぶ」と「つくる」が一緒になった企画展、それが「地域の編集」展です。

ワークショップ参加者募集!

「YOKOHAMA MEME by ニュースパーク」では、企画展の期間中に合わせてローカルメディアづくりに挑戦する参加者を募集します。ワークショップ参加者は期間中、新聞博物館内の展示、ワークショップルームを自由に観覧、使うことが可能です。ローカルメディアの実践者のレクチャーを受講しながら、チームに分かれて活動を継続します。
→詳しくはこちら

EVENT

1. オープニングトークイベント

●「全国各地に広がるローカルメディア」
日時│2019年 10月5日(土)14:00~16:00
会場│日本新聞博物館 2階イベントルーム
出演│影山裕樹氏(編集者/千十一編集室)、幅允孝氏(BACH、ブックディレクター)、田中佑典氏(LIP/生活藝人)、尾原史和氏(ブートレグ)
定員150人(先着順、予約不要)
企画展オープンに合わせた一般公開トークイベントを開催します。企画展の制作メンバーや、ローカルメディアに関わるゲストをお呼びするイベントです。ぜひともお越しください。

2.関連イベント

●全国まわしよみ新聞サミット@ニュースパーク
日時│11月2日(土)13:00~17:00
会場│日本新聞博物館 2階イベントルーム
出演│陸奥賢氏(まわしよみ新聞発案者)、山口覚氏(津屋崎ブランチ代表)
定員70人(予約制)
まわしよみ新聞は、興味・関心をもった記事を切り取り、紹介し合い、その記事を集めて新聞をつくるワークショップです。企業、教育現場、自治体などで、新聞を活用したコミュニケーションツールとして注目を集めています。今回は、昨年に引き続き、当館で全国の新聞約130紙を使って行います。

3.クロージングイベント

日時│12月22日(日)14:00~18:00
会場│日本新聞博物館 2階イベントルーム
定員150人(先着順、予約不要)
14:00からワークショップ公開プレゼンテーションを行い、引き続き企画展のクロージングイベントを行います。ゲストは後日発表いたします。
※イベントはいずれも参加費無料(博物館入館料が必要。会期中2回目以降のイベント来館は100円引き)

ACCESS

ニュースパーク(日本新聞博物館)
〒231-8311神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター
TEL 045-661-2040
• みなとみらい線 「日本大通り駅」 3番情文センター口直結
• JR・横浜市営地下鉄 「関内駅」から 徒歩10分
• 横浜市営バス 「日本大通り駅県庁前」から徒歩1分
• 観光スポット周遊バス あかいくつ 「日本大通り」正面
• 首都高速 「横浜公園出口」から 約3分
※横浜情報文化センター駐車場・日本大通り地下駐車場をご利用ください。

INFO.

企画展「地域の編集――ローカルメディアのコミュニケーションデザイン」

会期:2019年10月5日(土)~12月22日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
開催場所:ニュースパーク(日本新聞博物館)
入館料:一般400円、大学生300円、高校生200円、中学生以下無料
休館日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は次の平日)

主催:ニュースパーク(日本新聞博物館)
企画協力:影山裕樹(千十一編集室)
アートディレクション:尾原史和(ブートレグ)
Photo:Ryosuke Kikuchi

Turn your phone

スマートフォン・タブレットを
縦方向に戻してください